転勤で支持されるワケ

男女

数字を見ればその差は明白

職場から長期転勤を言い渡された場合は、数年間自宅を空けることも珍しいケースではありません。転勤中に誰一人住んでいなくても固定資産税などが発生しますから、本来は維持費の負担だけが掛かる状態です。ところが、リロケーションを行えば、家賃が発生する収益物件として役立てられるので、非常に魅力的な活用方法となっています。例えば、留守中の自宅を月15万円で賃貸にした場合、1年で180万円の家賃が入ります。そして転勤期間が5年間の場合では、900万円もの家賃収入が得られるようになるのです。リロケーションを行わなければ当然収益は0円ですから、その差はクッキリと表れます。この数字を見ただけでもリロケーションの魅力が分かりますので、転勤を控えている方は検討してみる価値があります。

代行業者を使えば案外簡単

家賃収入が得られる魅力を理解しましても、入居者との対応などを考えた場合、面倒になって諦めるケースもあります。しかし、リロケーションの代行サービスへ申し込むことで、それらの面倒な作業を一切行わずに済みますから、諦めるのはまだ早いかも知れません。そのため賃貸の管理作業がネックになっている場合は、先ず最初にリロケーションの管理代行業者をチェックしてから判断するとよいでしょう。大小いろいろな業者がありますが、殆どの場合、入居者を募ることから代行してくれますので、最初から最後までトータルでサポートしてくれます。そして、より安心できる管理代行業者を探す際は、これまでの実績数を確かめてみることもポイントです。大切な自宅をリロケーションする時は、信頼の置ける業者を選ぶようにしましょう。